実写版『アラジン』ジーニー役にウィル・スミス、ジャスミンは『パワーレンジャー』ナオミ・スコットに決定

現地時間2017年7月15日、アメリカ・アナハイムで開催中のディズニー最大級のイベント 「D23 Expo 2017」にて、映画『アラジン』実写版キャストが発表された。

ディズニー・プリンセスの中でも人気の高いジャスミンを演じるのは、2017年7月15日(土)より日本公開の映画パワーレンジャーでピンクレンジャー / キンバリー・ハートを演じたナオミ・スコット。ジャパン・プレミアで来日したばかりのナオミは、ORIVERcinemaのインタビューにも登場していた。『美女と野獣』(2017)ベル役を演じたエマ・ワトソンに継ぐディズニー・ヒロインとして、魔法のじゅうたんで空を舞う。イギリス出身、インド系の褐色の肌が眩しいナオミは、実際に会うとハツラツとしていて愛嬌もたっぷり。彼女がジャスミン役を射止めたと知り思わず納得だ。

©ORIVERcinema

©ORIVERcinema

ナオミ・スコット演じるジャスミンに「僕を信じろ」と手を差し伸べるアラジン役を演じるのは、メナ・マスード。日本ではほぼ無名と言えるだろう。エジプトとカナダのハーフであるメナは、主にTVドラマや短編映画を中心に活動してきたところ、ディズニー・ヒーロー役に大抜擢された。

ランプの魔人ジーニー役を演じるのはウィル・スミスとの発表も。『メン・イン・ブラック』シリーズなどではコメディ要素で楽しませてくれたウィル・スミスが、愛すべきランプの魔人に新たな生命を吹き込む。

ガイ・リッチー監督(『キング・アーサー』(2017)、『スナッチ』(2000)、『シャーロック・ホームズ』シリーズなど)による実写映画版『アラジン』は8月よりロンドンで撮影を開始。脚本は『ビッグフィッシュ』(2003)などで知られるジョン・オーガストが手がける。今回のパネルでは、悪役ジャファーとサイドキックのイアーゴ、アグラバーの国王でありジャスミンの父親サルタンらのキャストの発表はなかった。

ジャスミンを演じることで更なる注目を集めるナオミ・スコットがピンクレンジャーのスーツで戦う『パワーレンジャー』は、2017年7月15日(土)より全国公開。ゴー・ゴー・パワーレンジャー!の次は、砂漠の王国アグラバーの夜空に『ホール・ニュー・ワールド』を歌う。

Source:http://variety.com/2017/film/news/aladdin-will-smith-naomi-scott-jasmine-cast-mena-massoud-d23-1202496767/ http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/aladdin-disney-remake-finds-leads-1020047

About the author

やすらぎ捨てて、全てを捨てて、悪を追って空駆ける編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。