ユニバーサル・ピクチャーズ、豪華キャストと『ダーク・ユニバース』始動!第1弾作品『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』で新たな世界の幕が開く

2017年7月28日の日本公開が予定されている、アレックス・カーツマン監督による『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。ご存じの方も多いように、本作品は1932年の映画、カール・フロイント監督による『ミイラ再生』をリブートした作品であり、新たなユニバーサル・モンスターズ・シリーズの幕開けとなる作品だ。

「ザ・マミー・デイ」開催!

米国での公開が同年6月9日に迫っている本作『ザ・マミー』に関しては、先日5月20日にロサンゼルスにて公開に先駆けたイベント<ザ・マミー・デイ>が執り行われた。式典の目玉としてハリウッド&ハイランド(Hollywood & Highland)に登場した、なんと75フィート(約26メートル)の高さ、7トンの重さを有する巨大なサルコファガス(死体を入れるための石棺)が大きな話題となっている。余談だが、このサルコファガスとは、ギリシャ語の sarx(肉体)とphagein(食べる)を合わせた言葉であり、「肉体を食べるもの」という不気味な意味合いを持っている。

現地2017年5月20日(土) ロサンゼルスで開催された『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』<ザ・マミー・デイ> にて(C)Universal Pictures

現地2017年5月20日(土) ロサンゼルスで開催された『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』<ザ・マミー・デイ> にて(C)Universal Pictures

このイベントには主演のトム・クルーズのほか、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、カーツマン監督が参加。ちなみに登場したサルコファガスには、こんなメイキング映像も用意されている……。

そして遂に、この『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を記念すべき第1作目とする新生ユニバーサル・モンスターズ・シリーズがその全貌を現しつつある。ユニバーサル・ピクチャーズは、古典的なモンスターキャラクターを新世代に復活させる一連の映画シリーズを「ダーク・ユニバース」(DARK UNIVERSE)と呼ぶことを発表したのである。

Witness the beginning of a #DarkUniverse.

Dark Universeさん(@darkuniverse)がシェアした投稿 –

「ダーク・ユニバース」始動!

このグラフィックとモーション・ロゴを制作したのは、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズ、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』などでも知られる「WETAデジタル」である。同社はニュージーランドのウェリントンに所在するVFX制作会社であり、これまでにアカデミー視覚効果賞を5度も受賞している。企業名にある「WETA」(ウェタ)とは、ニュージーランドに生息するカマドウマ科の大型昆虫の名前である。

この『ダーク・ユニバース』発表と共に先駆けとして公開された映像では、ティム・バートン、サム・ライミ、ギレルモ・デル・トロなどとのコラボレーションでも知られる偉大な作曲家ダニー・エルフマンが、そのテーマ曲の担い手となっている。エルフマンは、ユニバーサル・モンスターズに対して以下のように述べている。

“I grew up on monsters,”

“Monsters were my life, and these iconic Universal monsters were almost like my family.”

“When I got the opportunity to compose a theme for the Dark Universe logo, of course I jumped at it.”

「私はモンスターズで育ったんだよ。モンスターズは私の人生であり、これらの象徴的なユニバーサル・モンスターズは、私の家族のようなものなんだ。だから『ダーク・ユニバース』のロゴテーマを作曲する機会を得た時、もちろん私は飛びついたさ。」

では、その『ダーク・ユニバース』のイントロダクション映像をご覧いただきたい。

ユニバーサル・ピクチャーズ会長のドナ・ラングリーは、『ダーク・ユニバース』に関して以下のように述べている。

“We take enormous pride in the creativity and passion that has inspired the reimagining of Universal’s iconic monsters and promise audiences we will expand this series strategically,”

「ユニバーサルの象徴的なモンスターを再構築することに魅せられた創造性と情熱をとても誇りに思いますし、このシリーズを戦略的に盛り上げてゆくことを皆さんにお約束します」

第2弾は『フランケンシュタインの花嫁』

当初2018年4月13日に公開が予定されていた『ダーク・ユニバース』作品の製作は見送られたが、前述の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』に引き続く『ダーク・ユニバース』第2弾として準備されているのは、1935年のジェイムズ・ホエール監督による『フランケンシュタインの花嫁』のリブート作品になるということである。2019年2月14日のバレンタインデーに公開を予定している同作品は、2017年の『美女と野獣』で大いに注目を浴びたビル・コンドンが監督を務める。コンドンは以下のように述べている。

“I’m very excited to bring a new Bride of Frankenstein to life on screen, particularly since James Whale’s original creation is still so potent,” 

「ジェイムズ・ホエールによるオリジナルの作品は今なお非常に力強いため、新たな『フランケンシュタインの花嫁』を画面に蘇らせることにはとても興奮している」

本作品の主演女優は近日中に発表されるとのことだが、以降のリブート候補作品として挙げられている『透明人間』、そして『フランケンシュタイン』のキャストについては、それぞれにジョニー・デップ、そしてハビエル・バルデムが決定しているとのこと。

また『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』において、トム・クルーズ、ソフィア・ブテラと共演しているヘンリー・ジキル博士役のラッセル・クロウは、以降の『ダーク・ユニバース』作品にも同じ役柄で登場するということである。これは『ダーク・ユニバース』シリーズにおける全作品をつなぐ糸として、ラッセル・クロウ演じるジキル博士が率いる、世界の怪異を研究する「プロディジウム」(Prodigium)という組織がすべての作品に登場することを裏付けている。

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

この壮大なる『ダーク・ユニバース』に往年のユニバーサル・モンスターズ愛好家は当然心を踊らせているはずだが、果たして新たなモンスターズ世代を生み出す起爆剤となり得るのか、今後の動向が実に注目される。

というわけで最後に、2017年7月28日公開『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の米国版予告編をご覧いただきたい。

Source: http://www.darkuniverse.com/
(C)Universal Pictures

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。