『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『ソー/ラグナロク』も餌食に!とあるカオス版映画予告編が、ツッコミ所満載で疲れる

“クソコラ”とは、クソみたいなコラージュを指す略称および造語である。雑だったり、もうなんなんだよこれ!と苦笑・失笑、もしくは爆笑・嘲笑など、あらゆる笑いを誘うコンテンツともいえる。

そして今、秘かに問題になっている(?)のが、2017年5月12日に公開される、全世界が待望したマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のクソコラカオス予告編なのだ。

いかがだっただろう? もう、何からツッコミをいれて良いのかわからない

まず、開始直後に早速うざいダンスを繰り広げるエモ・ピーターが登場。このエモ・ピーターとは『スパイダーマン3』で調子に乗っていたピーターの事であり、海外では“Emo Peter Parker”としてネタにされ、数多くのgif画像やそれに関するwiki的解説ページが存在している。

そして空から振ってくる巨大蛸モンスターが、『ファインディング・ドリー』のハンクに。そのほか、予告編の台詞に合わせて登場する『インサイド・ヘッド』のキャラクターたちや、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン、ベビー・グルートと一緒に座るロケット……ではなくベビー・バットマン。ロケットによる針の攻撃に乗っかるマイリー・サイラス。ガモーラはひたすらサメで相手を撃ちまくり、ドラえもんが敵として登場!? しかも、デッドプールさえ登場するから、もう手に負えない。

『ソー/ラグナロク』『ジャスティス・リーグ』も餌食に

この、我々視聴者を困惑させて仕方ないのが、Youtuberであるアルド・ジョーンズ氏が投稿する『WEIRD TRAILERS(変な予告編)』だ。

つい先日、マーベルの公式Youtubeチャンネル(Marvel Entertainment)にて公開された『ソー/ラグナロク(原題:Thor: Ragnarok)』も既にその餌食に。こちらは本編からカットされた(という体の)長髪ソーのヘアカットシーン

あのソーのチャームポイントのヘアカットを担当したのは……『シザー・ハンズ』のエドワード!?

アルド氏のターゲットはMCU作品だけではなく、DCエクステンデッド・ユニバース作品も。公開を控えている『ジャスティス・リーグ』のカオス版がこちら。

しかもアメコミ映画だけに留まらず、今ガール世代に最も期待されているあの実写版『美女と野獣』も、『エディ・マーフィと野獣』になってしまっている(これはぶっちゃけ、意外とよく出来ている)。

他にも『スーサイド・スクワッド』のカオス版予告編などがある。これだけふざけたものを作っているアルド氏だが、実はターゲットとなった映画はほとんどコメント欄から寄せられたリクエストのもの。しかも、コメントに対して律儀に返信すらしているのだ。カオス版予告編を作ってもらいたい映画があれば、リクエストすると実現するかもしれない。

さて、あなたは動画内でいくつ、元ネタがわかるクソコラを発見する事ができるかな?

homecoming
2017年8月11日公開予定の『スパイダーマン:ホームカミング』。お馴染みのスパイディが新たにマーベル・シネマティック・ユニバースに迎え入れられ、アイアンマンら大人ヒーローたちに揉
ppap
2016年12月16日の全世界同時公開を目前に控えて、そろそろカウントダウン的な様相を呈してきた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star

Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=a8ji3aeqh9Y

About the author

ライター/編集者/Ellegirlオフィシャルキュレーター、たまにモデル。ヌーヴェルヴァーグと恐竜をこよなく愛するナード系ハーフです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。