映画『ハン・ソロ』エーレンライク演じる若き新ハン・ソロの姿が判明

スター・ウォーズ』シリーズ史上最も愛されるキャラクターのひとり、ハン・ソロ。ハリソン・フォードによって演じられた銀河の伝説的アウトローの物語は、『ローグ・ワン』(2016)に続く『スター・ウォーズ・ストーリー』第二弾として2018年の公開が予定されている。

『スター・ウォーズ エピソード4 / 新たなる希望』以前の冒険を描く『ハン・ソロ(仮題)』で若きハン・ソロを演じるのは、1989年生まれのアルデン・エーレンライク。これまで私たちが知り得ていたのは、主要キャラクターのキャスティングと「『新たなる希望』以前」というおぼろげな情報のみだった。

ここで、海外メディアのTMZアルデン・エーレンライク演じるハン・ソロの姿はじめ撮影現場で捕らえたと見られる数枚の写真を公開している。公式の写真ではなく、あくまで「パパラッチ撮影」となるので、画像については以下リンクより確認されたい。

‘Star Wars’ Set Pics Reveal Alden Ehrenreich as a Young Han Solo | TMZ.com

『新たなる希望』以前のハン・ソロと言えば、密輸商人としてトガりにトガっていた頃。ジャバ・ザ・ハットら銀河の裏社会を牛耳る存在と取引をしながら、生涯の相棒チューバッカや悪友ランド・カルリジアンらと危ない橋を渡り歩いていた時代だ。

TMZが公開したアルデン・エーレンライク版ハン・ソロのわずか一枚の写真からは、ソロのそんな”近寄りがたい”オーラを感じ取ることができる。鋭い眼光を放つ目のあたりには何らかの抗争で得たであろう負傷の跡が見られ、着用する衣類もずいぶん汚れているようだ。向こう見ずで無鉄砲なソロのことだから、きっと何らかのトラブルを起こした直後なのかもしれない。

TMZ上では、エーレンライク版ソロの他にもいくつかの現場写真を確認することができるが、少々意外なのが”クルマ”や”トレーラー”の写真だ。『スター・ウォーズ』の世界での個人用ビークルと言えば、我々の世界とは異なりタイヤを持たず、宙に浮遊するスピーダーが基本。現場で捕らえられた写真には、タイヤ付きの車両がいくつも見られるが、後ほどCG処理されるという事だろうか…。

何はともあれ、TMZが公開したわずかな現場写真からは、クラシカルなSF映画の匂いを感じることが出来る。『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』では戦争映画のエッセンスが取り込まれていたが、『ハン・ソロ』では古き良き往年のSF映画の魅力を改めて提唱するような作風になるのかもしれない。

『ハン・ソロ(仮題)』の詳しいあらすじや明確な公開予定日については現在未定。チューバッカはどこ?

Eyecatch Image:http://www.tmz.com/2017/05/19/star-wars-young-han-solo-set-photos/ Screen shot

About the author

方向感覚が壊滅しており、Googleマップがあっても道に迷う編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。