『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』出演者22名が大発表!キャプテン・マーベル参戦決定、残り44名は?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の出演者リストが公開されていたことが判明した。先日、エキストラやスタンド・インなどの募集が行われていたことはORIVERでも取り上げたが、この募集に際して、参考資料として主な出演者の名前が挙げられていたのである。その中には、『インフィニティ・ウォー』への登場が不明瞭だったキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)の名前もあった。

cyht-olwiaac2d4-compressed
あらゆる噂が飛び交い、内部では準備が着々と進められてきた映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が本格始動しようとしている。先日、本編の撮影がこっそり始まっているという情報も

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』主な出演者

本記事に掲載した人物名・役名の順序は、情報源となったDisney Casting Callsに掲載されている順序に即している。気になるところはあるものの、実際のクレジット順と一致しているかどうかはわからない。

  • クリス・ヘムズワース(ソー)
  • ジョシュ・ブローリン(サノス)
  • クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)
  • セバスチャン・スタン(バッキー)
  • スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)
  • ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ
  • ブリー・ラーソン(キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル)
  • ゾーイ・ザルダナ(ガモーラ)
  • カレン・ギラン(ネビュラ)
  • ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)
  • クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)
  • エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)
  • ブラッドリー・クーパー(ロケット・ラクーン)
  • ヴィン・ディーゼル(グルート)
  • サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)
  • ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)
  • ベネディクト・ウォン(ウォン)
  • デイヴ・バウティスタ(ドラックス)
  • ポール・ベタニー(ヴィジョン)
  • チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)
  • マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)
  • ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)

こうして見るとまさに壮観といった顔ぶれだが、これで22名である。アンソニー&ジョー・ルッソ監督によると、『インフィニティ・ウォー』には総勢66名のキャラクターが登場するらしいので、リストに載っている名前は全体の3分の1にすぎない。

おなじみ『アベンジャーズ』のメンバーはもちろんのこと(ニック・フューリーも復帰)、次回作で主要メンバー入りを果たしそうなネビュラ(カレン・ギラン)を含めた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが揃っていることに注目したい。『ドクター・ストレンジ』からはストレンジのほか、既報の通りベネディクト・ウォンの名前がある。ほかのメンバーは登場しないのだろうか?

doctor-strange-benedict-wong-as-wong
映画『ドクター・ストレンジ』に登場するキャラクター、ウォンが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場することがわかった。アメリカでは『ドクター・ストレンジ』への期待が高まり

もちろん一番のサプライズは、『インフィニティ・ウォー』で初登場なるか、それとも2019年の単独映画までお預けかと、情報が錯綜していたキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)の名前があることだ。一時はマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が登場を否定していたものの、晴れて『インフィニティ・ウォー』で顔見せとなる。

リストに名前のないキャラクターたち

前述の通り、今回公開された出演者は全体の3分の1とみられるが、それでもリストに名前がないのが不思議なメンバーも数名いる。たとえば『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場を果たし、単独映画の公開も控えているピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)だ。今年10月の時点で、ホランドは『インフィニティ・ウォー』への出演について「まだ決まってない」と話していたが、その後はどうなったのだろうか?

spiderbar640-1
映画『スパイダーマン ホームカミング』の撮影を先日終えたばかりのトム・ホランドが、自身の出演作『ロスト・シティ・オブ・Z(原題)』のプレミアに出席した。初めての『スパイダーマン』単

主要キャラクターにもかかわらず、さらっとリストに名前がないのがサム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)ローディ/ウォーマシン(ドン・チードル)だ。ともに『シビル・ウォー』では重要な役どころを担っていただけに、このふたりが登場しないのは考えづらいが……。

また、各作品にこれまで登場してきたメンバーがどれだけ『インフィニティ・ウォー』に参戦するのかも気になるところだ。

たとえば、『アイアンマン』のペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)ハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)なんかは、ペッパーはすっかり影が薄くなってしまったのでそろそろ再登場をお願いしたいし、ホーガンは『ホームカミング』に続いて登場する可能性もありそうだ。『キャプテン・アメリカ』のケイト/エージェント13(エミリー・ヴァンキャンプ)は、『シビル・ウォー』でキャップといい感じになっていたが……。

意外と怪しいのが『マイティ・ソー』のメンバーで、ロキ(トム・ヒドルストン)は次回作『ソー/ラグナロク』が最後のロキ役になるといわれているし、ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)はポートマン自身が「マーベルとの仕事は終わった」と語っていた。オーディン(アンソニー・ホプキンス)の再登場はありえるだろう。

マーベルとナタリー・ポートマンの関係は終わったのか?
映画『マイティ・ソー』シリーズにヒロインの天才天文学者ジェーン・フォスター役で出演していたナタリー・ポートマン。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、この頃すっかり姿

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーでは、ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)のほか、ローマン・デイ(ジョン・C・ライリー)ノバ・プライム・イラニ・ラエル(グレン・クローズ)の名前がない。コレクター(ベニチオ・デル・トロ)の名前もないが、『インフィニティ・ウォー』がサノスとインフィニティ・ストーンの物語になるならば間違いなく登場するだろう。いずれにしろ、サノスがヴィランということで、『ガーディアンズ~』のメンバーは物語上大きな役割を果たすことになりそうだ。次回作に登場するマンティス(ポム・クレメンティーフ)イーゴ・ザ・プラネット(カート・ラッセル)、そしてシルベスター・スタローンは……?

また『アントマン』のホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ(エヴァンジェリン・リリー)は、『インフィニティ・ウォー』には出演しないものの、2019年公開の『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』には登場することがわかっている。ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)は、先日ダグラスがジェレミー・レナーとの共演を示唆していた(記事)だけに、『インフィニティ・ウォー』『アンタイトルド~』のいずれかに出演する可能性は高そうだ。地味にファンの多いルイス(マイケル・ペーニャ)はどうなるのだろう?

landscape-1447690260-movies-ant-man-evangeline-lilly-post-credits-scene-the-wasp
映画『アントマン』でホープ・ヴァン・ダイン役を演じたエヴァンジェリン・リリーが、続編『アントマン&ワスプ』やその後の作品の情報を明かした。彼女が演じるニュー・ヒロイン、ワスプは『ア

もちろん登場は未定だが、スパイダーマンが登場するとなれば『ホームカミング』のメンバーも登場することになりそうだし、まだ全貌が明らかになっていない『ブラックパンサー』(2018年公開)のメンバーも数名出演することになるだろう。さらにNetflixドラマのメンバーが合流する噂もあり……とか言ってると、あれ?もしかして66名って少なくない?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定

avengers-infinity-war-2
2018年公開の映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上最大のビッグ・イベントだ。早くも情報が漏れ聞こえてくるの

source: http://www.moviecastingcall.org/open-casting-calls-for-avengers-infinity-war-and-untitled-avengers-movie/
Eyecatch Image: http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Well_look_who_finaly_assembled.jpg
http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Avengers_Infinity_War_Logo.png (remixed by ORIVERcinema)

About the author

1989年生まれ。映画・演劇に関するニュースやコラムなどの執筆、また舞台脚本(台本)の構成・編集を手がけています。オリジナル記事、翻訳ベース記事ともに担当しております。お気づきの点などございましたら、ぜひお知らせくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。