原作者スティーヴン・キングによると、2017年版『イット』は相当ワンダフルらしい

米国モダン・ホラー小説界に君臨する、マスター・オブ・ホラーことスティーヴン・キング。その彼の同名小説を原作として1990年に製作されたホラー作品『イット』をご存じの方は多いと思う。そのリメイクあるいはリブートとも言える新作『イット』が、2017年9月8日の米国公開に向けて、ついにジワジワと動きを見せている。

本作品は、当初の監督であったキャリー・フクナガの降板後、アンディ・ムスキエティが監督の座を引き継いで進められていたようだ。監督の交代に伴い、最重要ともいえる恐怖のクラウン“ペニーワイズ”役も、ウィル・ポールターからスウェーデンの俳優ビル・スカルスガルドに交代となっている。

アンディ監督の姉であり、本作品のプロデューサーでもあるバーバラ・ムスキエティは、2016年9月に『イット』前編の撮影が無事に終了したことをInstagramで報告している。それから約半年が経ち、いよいよティザー・トレーラーが公開されるのではないかという噂も立ち始めた。

その噂の理由のひとつと思われる出来事が、『イット』の新作を待ち望んでいるファンの間で話題となっている。原作者であるスティーヴン・キングがすでに本作品を試写で鑑賞しており、プロデューサーのセス・グレアム=スミスが、キングから「ワンダフルな仕事だよ、心配するな!」という太鼓判を押されたというのである。

I can die now. Goodbye. I’m dead. 🎈

Seth Grahame-Smithさん(@instagrahamesmith)がシェアした投稿 –


Steve asked me to pass along that he saw a screening of IT today and wanted to let everybody know that they should stop worrying about it as the producers have done a wonderful job with the production.

さらにその数日後、キングはツイッターに「『イット』のリメイク版は予想以上の出来」というツイートを投稿している。

正直、リメイクやリブートに懐疑的なぼく個人としては、本作品に期待しつつ、それを上回る不安も抱いていた。その一番の不安要素こそ前述のペニーワイズなのだが、1990年版でティム・カリーが演じた異常なまでに不気味なペニーワイズを果たして超えられるのだろうか。しかしキングの発言は、2017年版『イット』が十分観るに値する作品であることを、確実ではないにせよ表してくれている。

しかしながらキングは、スタンリー・キューブリック監督よる映画版『シャイニング』では、キューブリックが原作を大幅に変更したとして、執拗に作品の批判を繰り返したといわれている。当時『シャイニング』の映像化権を持っていたのはキューブリックだったが、“キングが映画版のバッシングを自重する”という条件で、テレビドラマ版の製作と認めたというエピソードもあるほどだ。

The Shining

http://www.imdb.com/title/tt0081505/mediaviewer/rm295371520

個人的な見解を述べれば、キューブリックの『シャイニング』は、たとえ原作と内容が違っていたとしても素晴らしい名作だ。したがってキングが認める作品とは、彼自身の原作をベースとする場合、まず“原作に忠実である”ことが重要なのではないかとも考えられる。もちろん彼は立場上、多くのホラー映画に評価を下しているようで、映画の売り口上には時々“スティーヴン・キングも絶賛!”という言葉を見ることもある。ただしあれも……鑑賞して納得の場合もあれば、そうでない経験もあるのだよね……。

そんなわけで、2017年版の『イット』の出来映えがキングの言葉通りなのかは、この文章を書きながら若干不安になってきたのだが、それでも大いに期待せざるをえない作品には違いない。でもやっぱり、ペニーワイズがなあ……。

no-image
恐怖の殺人鬼ピエロが大暴れするスティーブン・キング原作のホラー映画『IT』(1990年)。日本でもテレビで放送され、多くの子どもたちにピエロのトラウマを植え付けたという問題作だ。2

Eyecatch Image: https://www.facebook.com/StephenKingsIt2017/photos/a.177026355785484.1073741825.177023235785796/665312996956815/

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。