ファン待望の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』日本公開決定!7枚の写真で新キャラをチェック

2015年公開、クールでスマートなアクションと映像センス、また卓越したユーモアで多くの映画ファンの心を射止めた“新時代のスパイ映画”『キングスマン』がついに帰ってくる! ファン待望の続編“Kingsman: The Golden Circle(原題)”が、邦題『キングスマン:ゴールデン・サークル』として日本公開されることが決定した。

監督を務めるのは、もちろん前作を手がけたマシュー・ヴォーン。出演者はタロン・エガートン、マーク・ストロングといった前作のメンバーはもちろん、本作ではチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、そしてジュリアン・ムーアにエルトン・ジョンという豪華キャストが集結。しかも死んだと思われていたコリン・ファース扮するハリーも堂々の復活を果たすという。

今回、本作の日本上陸に先がけて場面写真が一挙解禁されている。本記事では、そのすべてを余すところなくご紹介しよう。

英国&米国 VS ゴールデン・サークル

本作『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、スパイ機関「キングスマン」の拠点が、謎の敵ゴールデン・サークルの攻撃によって壊滅するところから始まる。残されたのは、今や一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、その教官でメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみ。敵を追って、二人は同盟を結ぶスパイ機関「ステイツマン」の協力を得るためアメリカに向かう。しかし、表向きにはバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった! 彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか……。

身なりも一流エージェント、エグジー(タロン・エガートン)

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation


新登場、アメリカのスパイ組織「ステイツマン」

本作で初登場するスパイ組織「ステイツマン」のメンバーを演じるのは、揃いも揃ったり、現在の映画界を牽引する豪華メンバーだ。まずは『G.I.ジョー』『マジック・マイク』などに出演する肉体派俳優、チャニング・テイタム扮するシークレットエージェント、テキーラ。カウボーイハットやGジャンがキマりすぎている……!

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

続いて、アカデミー助演男優賞にノミネートされた『最後の追跡』も記憶に新しいジェフ・ブリッジスが演じる「ステイツマン」のリーダー、シャンパン。スマートだがその貫禄を感じさせるビジュアルが印象的である。

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

そしてハル・ベリー扮するメカニック担当のジンジャー、と一緒に映っているのは「キングスマン」のメカ担当マーリン(マーク・ストロング)! 同じメカニックとして、二人は意気投合するのか対立するのか、その演技合戦にも期待が高まるところだ。

キングスマン:ゴールデン・サークル

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

また多くの方がお気づきだろうが、「ステイツマン」のメンバーは全員お酒にまつわるコードネームの持ち主だ。ちなみに場面写真はまだ解禁されていないものの、本作ではジュリアン・ムーアが壮大な陰謀を企む敵組織「ゴールデン・サークル」のボスを演じる。エルトン・ジョンの役どころは不明だが、きっと思わぬところで登場してくることだろう。

前作以上に個性豊かなキャラクターが入り乱れそうな『キングスマン:ゴールデン・サークル』だが、ところでコリン・ファース扮するハリーはいかに復活を果たし、今回はどんな活躍を見せてくれるのだろうか?

『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開日は現在不明。全米では2017年9月22日公開とあって、これから続報がどんどん飛び出してくることに期待しよう!

(文:Takatoshi Inagaki)

キングスマン : ザ・ゴールデン・サークル
表向きは高級テーラー、裏の顔は世界最強のスパイ組織…その名前は"キングスマン"。亡き父の後を継いでスパイ組織に入ることになった青年エグジーの成長と、ダンディな英国紳士コリン・ファー

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

About the author

ORIVERcinemaの編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。