『キングコング:髑髏島の巨神』サミュエル・L・ジャクソン インタビュー!コング対メイス・ウィンドゥの決着は?

2017年3月15日、東京は新宿、ゴジラロードにて映画『キングコング:髑髏島の巨神』ジャパン・プレミアが開催され、主演のトム・ヒドルソンほか、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンが来日を果たした。この度ORIVERcinemaでは、今作でブレストン・パッカードを演じたサミュエル・L・ジャクソンにスペシャル・インタビューを敢行。今作で自身が演じた役柄についてや撮影秘話ほか、「キングコングとメイス・ウィンドゥ、どっちが強い?」といった質問にも楽しげに答えてくれた。ファンなら大興奮間違い無しの、貴重なインタビューの様子をお届けしよう。

『キングコング:髑髏島の巨神』ブレストン・パッカード役 サミュエル・L・ジャクソン インタビュー

ブレストン・パッカードという男について

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

今作でサミュエル・L・ジャクソンが演じたブレストン・パッカードは、いかにもアメリカの模範的な軍人らしいキャラクターだ。アメリカ軍は戦地で仲間が死体になろうとも、身体を祖国に連れ戻すという伝統があるそうだが、そのことを知ってこの映画を観ると、パッカードの言動がすべて理解できる。しかし、日本ではそのことを知っている観客は少なくなっているのでは。そのためパッカードは”狂気の人間”に捉えられる危険性もあるだろう。ところで、アメリカ軍では今現在もその伝統は残っていて、観客はみんなそれを知っているのだろうか。

「(連れ戻すのは)時々だよ。
全員を連れて戻すという伝統は今でも米軍内では引き継がれているそうだ。パッカードは部下たちの死を経験し、復讐にかける鋼鉄の意志を持っている。部下を生還させたい思いや、忠誠を誓うということが色濃く出ているキャラクターだよ。でも、復讐するという文化はアメリカに限っていないと思う。日本文化にも復讐はあるよね?ファミリーを思っての復讐なんだ。」

戦争映画としての『キングコング』

『キングコング:髑髏島の巨神』ブレストン・パッカード役 サミュエル・L・ジャクソン インタビュー

今作は怪獣映画としても勿論、戦争映画としても非常に面白い。”『地獄の黙示録』のモンスター映画バージョン”のような側面も持っている。サミュエルは、「戦争映画の要素も強い。優秀な軍事アドバイザーもついたんだ」と語ってくれたが、では、戦争映画らしさはどれほど意識したのだろうか。今作におけるサミュエルは、“戦争映画らしさを1人で担っている”ような印象もあるが…。

むしろ戦争映画らしさは意識しないように努めた。全てが始まるヘリコプターのシーンでは、誰もが”ワルキューレの騎行”を思い出すだろうからね。

僕が何よりも強く意識したのは、リーダーらしさを出すことだ。強い意志がある男に見えるように努めたよ。他の人物たちがうろたえている最中でも、誰かが”生き残るチャンスはある”と伝えなければならない。デカくて強くて速いバケモノがいたら、人間は生き残る術を探るのが常だからね。」

過去の『キングコング』との違いは”ヤング・コング”

©ORIVERcinema

©ORIVERcinema

1933年のオリジナル版に始まり、これまで何度も映像化されているキングコング。歴代のキングコング映画の中でもサミュエルのお気に入りと、過去作との違いについて尋ねられると、「お気に入りは1933年のオリジナル版だね」と答えた。

「あれは前代未聞だった。1933年当時で相当革新的な技術で映像化されていたよね。
過去作との最大の違いは、今回のコングは史上最大で、そして最も若いということ。彼は言わば10代にも満たない”ヤング・コング”で成長途中にある。時代設定が1973年にされているのは、コングの成長が演出できるからだと思う。」

サミュエルは、「2017年か2018年ごろになって、何らかの巨大なモンスターと対決する頃には大人になって、かなり手強い存在になっているはずだ」と、今後コングがゴジラと激突する未来を示唆した。

“サミュエル・L・ジャクソン、だいたいどの大作映画にも出ている”件について

『キングコング:髑髏島の巨神』ブレストン・パッカード役 サミュエル・L・ジャクソン インタビュー

サミュエル・L・ジャクソンといえば、“だいたいどの大作映画にも出ている”ような印象がある方も多いだろう。思えば、『スター・ウォーズ』はもちろん、『アベンジャーズ』『ダイ・ハード』『ロボコップ』『ターザン』『エクソシスト3』などなど、ハリウッドのありとあらゆるジャンルの映画に出演されている。”モンスター・バース”の幕開けとされる今作にも出演を果たしたわけだが、全てのジャンルを網羅したいというような野心はあるのだろうか。

「そんなことないよ。たまたま話を頂けるだけで、ノー・プランだよ。でもこういう映画は好きだよ。昔は土曜日の午後に映画を楽しんだなあ。現実逃避して、映画の世界に飛び込むんだ。」

ちなみにサミュエルは、「2〜3年、日本に滞在してガメラや仮面ライダーを作るのはどう?」と提案されると、「オッケー!やるぜ!」とノリノリの様子だった。関係者のみなさん、是非ご検討いただきたい。

2020年には、ゴジラとの一戦も控えるとされるキングコング。モンスター・バースは、マーベル・シネマティック・ユニバースのような一大フランチャイズになれるだろうか。サミュエルは、「そうなるといいよね。『キングコング:髑髏島の巨神』がうまく行って、次につながることを祈ってるよ。ファンの熱狂に答えられたら良いな」と期待を込めた。

期待の若手、ジョーダン・ボート=ロバーツ監督について

今作の監督を務めたのは、期待の若手ジョーダン・ボート=ロバーツ。サミュエルから見て監督はどうだったのか。

「スマートな監督とは、表現したいことに向かって周囲を巻き込んでいくものだ。だから自分の表現に集中できる。こういう映画では、スタッフに比べて監督が一番経験が浅かったりするんだよ。監督は自分の中にあるビジョン実現するために、うまいこと経験豊かな技術スタッフを配置していた。スタッフもキャストもベテラン。超常的なストーリーに、ヒューマン・ストーリーを補完することができたと思う。」

ちなみにジョーダン・ボート=ロバーツ監督は、2017年2月21日に一足先に来日した際、ORIVERcinemaによるインタビューにて日本のビデオゲームやアニメの影響がとても強い」と語っていたが、現場ではそんな話があったのだろうか。

「いいや。撮影は長くてハードだから、そういう話をする時間はなかったな。」

キングコングvsメイス・ウィンドゥ

『スター・ウォーズ』に『アベンジャーズ』に、現代ポップカルチャー映画のあらゆる作品で重要な役を演じるサミュエルだからこそ、ORIVERcinemaとしてこんな質問をせずにいられなかった。ずばり、キングコングとメイス・ウィンドゥ、対決したらどっちが勝つだろうか?サミュエルは、意外(?)にも「メイス・ウィンドゥでしょ!」と即答だった。

「ライトセーバーで足元から切り崩していくだろうね。爪先、足首、膝。片脚を奪ったらもう片脚。それでダウンだね。ピース・バイ・ピースにね。それがジェダイのやり方さ!(”The Jedi Way!”)」

では、コングvsアベンジャーズだとどう?

「ニック・フューリーはパワーを持ってないからなぁ。問題だよね。でもソーやハルクなら大丈夫かな。ロキでもいいよね。コングも巨神だから、神vs神だね。他のメンバーだとマズそうだ。」

「こういうエピックな戦いを想像するのはいい質問だね!」と楽しげになってくれたサミュエル。「君はコングvsゴジラではどんな戦いが見たい?東京の街での戦いか、それとも別の場所が良いかな?」と、まさかの逆質問をされた。「街がいいですね!ビルを破壊してほしいです」と答えると…。

「だよね!ビルの中に人はいるの?」

かもね!

「うわぁー、相当死人が出そう(笑)」

『キングコング:髑髏島の巨神』ブレストン・パッカード役 サミュエル・L・ジャクソン インタビュー

「コミックやマンガが大好きなんだ」

ちなみにサミュエル・L・ジャクソン、今回の来日で日本のTV番組にゲスト出演した際、”ゴジラとキングコングではどちらが強い?”との質問に「モスラ」とまさかの珍回答を見せたことがSNSなどで話題になっていた。一体なぜモスラを知っていたのだろう?

「モスラは、コングと出会ったのと同じように、子供の頃に映画館で知ったんだ。子供の頃は”クリーチャー・フィーチャー”と言って、モンスター映画を観るのが好きだったんだよ。コングとモスラが組めばゴジラに勝てるかもね。だから期待してるんだ。あと、モスラに出てくる女の子も好きだよ。」

当然ながら映画に登場する様々なクリーチャーはすべてCGで作られるわけで、実際の撮影現場では”無”に向かって演技をしなければならない。想像力を働かせながらの撮影はどういうものなのだろうか。また、実際に完成した作品を観た印象はどうだったのだろう。

「完成版は、全て想像以上だったよ!僕は本やコミック、グラフィック・ノベルにマンガをたくさん読むから、想像力は豊かな方だよ。一人っ子だったから、小さい頃はひとりで想像の中で遊んでいるような子供だった。だから何も無い所でイメージしながら演じるのは慣れっこだよ。」

ちなみに今作には、キングコング以外にも、スカル・クローラーなど沢山のクリーチャーが登場するが、特にお気に入りのクリーチャーは。

「何て言うのかわからないけど、鳥なのか恐竜なのか、空を飛んでるヤツ。(編集注:おそらくサイコ・バルチャーのこと)どこからともなく現れるのがサプライズで、想像だにしなかったよ。映画を観るまでは存在を知らなかったから、初めて観た時は”ワオ!”って感じだった。」

サミュエル・L・ジャクソンも大活躍する映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、2017年3月25日いよいよ全国ロードショーとなる。2014年のギャレス・エドワーズ監督作品『GODZILLA ゴジラ』と同じ世界で展開される今作に登場するキングコングは、今後ゴジラとの対決も予定されている。キングコングとゴジラ世紀の決戦を、サミュエル・L・サミュエルも「壮大になるよ!」と興奮を見せていた。2017年最強のモンスター・アトラクション、大迫力の劇場で見逃すわけにはいかない。

kingkong-dec
 2017年2月21日、映画『キングコング 髑髏島の巨神』の完成披露試写会が行われた。ORIVERcinemaでは、去る2月8日、本作を手がけたジョーダン・ボート=ロバーツ監督のイ

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,
LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

©ORIVERcinema

About the author

いくつになっても折り畳み傘が上手に畳めない編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。