筆者はお恥ずかしいことに『七人の侍』、『荒野の七人』をまだ観ていない。だからこの『マグニフィセント・セブン』は元であるこの2つの映画を観てから劇場に足を運ぼうと思っていた。それに”西部劇”というジャンルはしっかり観たことがない。小さい頃休日の昼間、おじいちゃんと一緒にテレビでついているのを眺めて「ハリー・ポッターの決闘みたいな感じかな」「保安官のバッジかっこいい」とぼんやり思ったぐらいである。

しかし予習無しで観に行ったのだが(イーサン・ホーク観たさの気持ちが勝ってしまった)、じゅうぶんに楽しめた!

そのストーリーはもちろんのこと、観た後に映画好きと話したいポイントがたくさん溢れてくる作品だった。今回は『マグニフィセント・セブン』を”ちょっと真面目な話は置いておいて”語り合いたいポイントをお話ししたいと思う。

【注意】

この記事には、『マグニフィセント・セブン』に関するネタバレ内容が含まれています。

ベストが似合う男No. 1!クリス・プラット

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm3369089536

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm3369089536

『マグニフィセント・セブン』のキャラクターたちは皆カウボーイ・ハットにウエスタン・ブーツ、それにウエスト・コートといういでたち。なかなかもう映画の世界でも見ることがないカウボーイ・ファッションにまずテンションが上がってしまった。そしてファラデー役のクリス・プラットがベストが似合うこと似合うこと!

http://www.imdb.com/title/tt0369610/mediaviewer/rm1806956800

http://www.imdb.com/title/tt0369610/mediaviewer/rm1806956800

思えばクリス・プラットは『ジェラシック・ワールド』でもベストを着ていた。恐竜の監視員役だったからだ(今回は彼は恐竜ではなく馬と行動を共にしているが)。ぜひ”ベスト・ドレッサー・ベスト賞”なんてものがあったらクリス・プラットが受賞してほしい。少年のようないたずらっぽい笑顔にベストに包まれたナイスな筋肉、男性も女性もクリス・プラットにキュンとしてしまうこと間違いなしなのだ。

ありがとう!イーサン・ホーク!

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm2278636032

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm2278636032

筆者はイーサン・ホークがめちゃくちゃ好きである。”好きすぎて逆にあんまり口に出せない”くらい好きである。2枚目俳優の彼が今回ちょっとおじさん化が進んでいたのはびっくりしたが、まさか『マグニフィセント・セブン』でこんなにときめくとは思わなかった!

https://www.thrillist.com/entertainment/nation/byung-hun-lee-magnificent-seven-cast

https://www.thrillist.com/entertainment/nation/byung-hun-lee-magnificent-seven-cast

イーサン・ホークは”死の天使”の異名を持つ凄腕のスナイパー、グッドナイト役。『ビフォア・サンライズ』や『ビフォア・ミッドナイト』に出演していた彼の名前がグッドナイトという所もなんだか嬉しい。そして彼と行動を共にしているのがイ・ビョンホン演じるビリーだ。この2人、本当にずっと一緒にいるのである。最期の瞬間も、銃撃戦のなか2人で笑い語り合いながら一緒に散っていくのだ。

そしてビリーが最期につぶやくのはグッドナイトの名前。この兄弟とも友情とも愛情とも言える2人の関係性…どれだけ萌えさせてくれるんだという話である。おじさん化が進んだとはいえイーサン・ホークの澄んだ瞳は健在であるし、イ・ビョンホンも「あれ、こんなにかっこよかったっけ?」と思うぐらいにかっこいい。女性はこの2人の関係にときめきまくってしまうこと間違いなしなのでは?

テディQの良さについて語ろう

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm1557215744

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm1557215744

自身の村を救うため、ヘイリー・ベネット演じるエマと共に7人を探す男テディQ。7人の荒くれ者のように今まで銃も触ったこともない、人を殺したことももちろんないようなテディQなのだが、彼についてもうちょっと注目したい。

このテディQ、絶対にエマのことが好きだったと思うのだ。いや作品中ずっと好きだったと思うのだ。未亡人であるエマは7人の誰にも胸をときめかせる様子は見せなかったし、テディQもあくまで”昔からの知り合い”といった感じだったが、テディQはエマに想いをよせていたと思う。エマのことが心配で心配で仕方がなかったのではないだろうか。

でも決してそれを表に出すことなく、どこまでも寄り添いついていく・・・きっと物語が終わった後、エマも”いつも一緒にいてくれたのはテディQだった!”と気づき、2人はこれからも一緒に歩んでいくはずだ(妄想)。

エマ、全世界の貧乳を敵に回す

http://www.fatmovieguy.com/review/the-magnificent-seven-movie-review/

http://www.fatmovieguy.com/review/the-magnificent-seven-movie-review/

絶対みなさん目がいったと思う!エマの巨乳に!女性でも思わず目がいってしまう!「そんなにアピールする?」と言いたくなるぐらいの巨乳!7人の誰もエマの巨乳についてなぜ一言も言わなかったか問いただしたい。作品の中でエマが「食べるものもない」と言っていたが「いやその巨乳で?」と言いたくなる。全世界の胸に悩む女性を敵にまわした瞬間である。

しかし砂埃まみれになっても化粧っ気がなくてもあふれでる彼女の色気…汗ばみながら男たちをにらみつけるその表情はとても美しかった。いいなあ、あんなに色気があって。

キャラクターがみんな立ちすぎている

グループもの、というかこのように軍団で戦う物語はどうしてもキャラが薄い登場人物が出てきてしまうものだ。(『スーサイド・スクワッド』 では秒で死んでしまうキャラクターもいたし。) しかし『マグニフィセント・セブン』は、1人1人かなりキャラが濃かったと思う。

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm3486530048

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm3486530048

“みんなのお父さん”や、次第に”部活の顧問”にすら見えてくるデンゼル・ワシントン演じるサム。トランプ大好きファラデー、たまに見せる狂気じみた部分と甘いマスクのギャップがたまらないグッドナイト。クールなビリー。強くて”悪い男”の雰囲気ばっちりなバスケス。生肉にかぶりつく衝撃的な登場のハーベスト。クマさんのように見えてくるジャック・ホーン。

7人それぞれ「あの人はこういうところがかっこよくて〜」「俺はあのキャラが1番好きで〜」と語り合いたくなるようなキャラの濃さ。みなさんの推しメンは誰だっただろうか。

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm3671593472

http://www.imdb.com/title/tt2404435/mediaviewer/rm3671593472

『マグニフィセント・セブン』の語り合いたくなるポイント、共感して頂けただろうか。

ツイッターでこんなつぶやきを目にした。「老夫婦が観に来ていて、すごく楽しそうだった。きっと若い時2人で西部劇を観にきたに違いない」と。

私たちの世代も、いずれ若い時熱狂した映画を元にした作品を目にする時がくるのだろう。きっと当時の興奮を思い出し、懐かしい気持ちでいっぱいになるのだろう。
時を超えて受け継がれる夢やロマン、決して失われることのない輝き。映画ってやっぱり最高なんだ!そんなことを考えさせてくれた『マグニフィセント・セブン』であった。

Image:© 2016 SONY PICTURES DIGITAL PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED. ©2016 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES INC. THE MAGNIFICENT SEVEN ™ MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
Eyecatch:http://www.rogerebert.com/reviews/the-magnificent-seven-2016

About the author

95年生まれの専門学生。夜な夜な映画をねこと観ることが毎日の楽しみ♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION