『ゲーム・オブ・スローンズ』の実力派俳優ピーター・ディンクレイジが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に参戦か

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、主要キャストのひとり、ティリオン・ラニスターを演じているピーター・ディンクレイジが、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出演する可能性が浮上してきた。

http://collider.com/game-of-thrones-season-2-recap-review/ (C) 2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved.

http://collider.com/game-of-thrones-season-2-recap-review/ (C) Home Box Office, Inc. All rights reserved.

バラエティ誌が報じるところによると、ディンクレイジは『インフィニティ・ウォー』への出演交渉を始めたという。どうやらディンクレイジは、本作に“重要人物”の役で出演する方向とのことだ。また、契約が成立すれば、『インフィニティ・ウォー』および、シリーズ第4作となる『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』にも登場することになるという。

ディンクレイジ扮する重要人物とは?

身長135cm、小人症を患うディンクレイジは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、高い知性とユーモア、そして複雑な内面を併せ持つティリオン役でブレイクを果たした。同作で、彼はゴールデングローブ賞とエミー賞の助演男優賞を受賞しており、その演技力は非常に高く評価されている。『インフィニティ・ウォー』にディンクレイジが出演するとなれば、きっと新たな一面をマーベル・シネマティック・ユニバースにもたらしてくれるはずだ。

ディンクレイジがオファーを受けている役柄は不明だが、ファンは「ぜひディンクレイジに演じてほしい」として、いくつかのキャラクターを予想している。なかでも注目したいのは、この二つのキャラクターだ。

ウォッチャー

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-3678056/ (C)MARVEL

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-3678056/ (C)MARVEL

月面に住み、マーベル・ユニバースの全体を監視する役割のキャラクター。地球や宇宙に危機が迫っている時のみ、地球人の前に姿を現すという特徴を持つ。“何があっても世界に干渉してはならない”という掟があるが……。『インフィニティ・ウォー』は、地球を襲撃するサノスにヒーローたちが対抗するストーリーになるという。出番的には少なそうだが、きっと良い役回りで登場するはず。『~スローンズ』で、一歩引いた場所から状況を把握する役どころを絶妙なバランスで演じたディンクレイジには、確かにピッタリのキャラクターといえそうだ。

もっとも、ウォッチャーは『ファンタスティック・フォー』に登場したキャラクターであり、その映画化権はマーベル・スタジオではなく20世紀フォックス社が保有している。しかし『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に登場するイーゴ・ザ・プラネットの場合、両社が話し合って、もともとフォックス社が持っていた権利をマーベル・スタジオが譲り受けた経緯があった。ウォッチャーが『インフィニティ・ウォー』に登場する可能性はまだ残されている。

ego-living-planet-negasonic-teenage-warhead
映画『デッドプール』の脚本を執筆したレット・リースが、同作の製作中、マーベルと20世紀フォックスがキャラクターを「交換」していたことを明かした。権利の都合でキャラクターを行き来させ

ピップ・ザ・トロール

小人症のディンクレイジに、まさかここまで“そのまま”な配役をするか……という気もするが、名前の通りトロールのキャラクターだ。『インフィニティ・ウォー』の原案といわれている、コミック『インフィニティ・ガントレット』では、多くのヒーローとともにサノスとの対決に加わっている。

またピップが登場するということは、遺伝子操作によって生まれた生命体であり、『インフィニティ・ガントレット』ではサノスとの戦いで活躍した、友人アダム・ウォーロックも本作に登場するのではないか、ともいわれている。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』には、すでにウォーロックの存在を匂わせるサナギが登場しており、ウォーロックとピップの揃い踏みは十分にありうるのだ。

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-3787843/ (C) MARVEL

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-3787843/ (C) MARVEL

ディンクレイジは『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7の撮影を終えたばかり。『インフィニティ・ウォー』に出演する場合、『スローンズ』シーズン8の撮影よりも前に、本作の撮影に参加するとみられる。

ちなみにディンクレイジは、映画『X-MEN: フューチャー&パスト』でボリバー・トラスク博士/ミスティークを演じたことがあり、マーベル映画・スーパーヒーロー映画への出演は初めてではない。『インフィニティ・ウォー』でどんな姿を見せてくれるのか、期待が高まるというものだ。ぜひ出演してほしい!

Emilia Clarke
いよいよ目前、2016年12月16日公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)、そして2017年12月15日公

sources: http://variety.com/2017/film/news/peter-dinklage-avengers-infinity-war-1201954237/
https://www.comicbookmovie.com/avengers/avengers_infinity_war/game-of-thrones-star-peter-dinklage-in-talks-for-a148105
http://comicbook.com/2017/01/12/who-is-peter-dinklage-playing-in-avengers-infinity-war-/
Eyecatch Image: http://ru.gameofthrones.wikia.com/wiki/%D0%A4%D0%B0%D0%B9%D0%BB:%D0%A2%D0%B8%D1%80%D0%B8%D0%BE%D0%BD_%D0%9B%D0%B0%D0%BD%D0%BD%D0%B8%D1%81%D1%82%D0%B5%D1%80_4x10.jpg
http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Avengers_Infinity_War_Logo.png (remixed by ORIVERcinema)
(C) Home Box Office, Inc. All rights reserved.
(C) MARVEL

About the author

1989年生まれ。映画・演劇に関するニュースやコラムなどの執筆、また舞台脚本(台本)の構成・編集を手がけています。オリジナル記事、翻訳ベース記事ともに担当しております。お気づきの点などございましたら、ぜひお知らせくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。