映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のギャレス・エドワーズ監督が、プロモーションのインタビューで、いち早く本編の秘密を明かした。もちろん監督自らが語っている情報なので、映画の重大なネタバレではないものの、一応「ネタバレ注意」としてお知らせしよう。また監督は、自身が憧れた「スター・ウォーズ」の現場のハードさにも言及している。

【注意】

本記事には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレが含まれています。

 

rogue_one_a_star_wars_story_poster-compressed
いよいよ公開が近づく『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。アメリカではすでにプロモーションも活発化し、本日は新しい場面写真&メイキング写真が公開された。また近頃、あらゆる

『ローグ・ワン』の導入、そして「ギャレス監督らしい」小ネタ

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ氏が先日チラリと口にした、『ローグ・ワン』には恒例のオープニング・クロールがないという情報は、やはり間違いのない事実だった。ギャレス監督によれば、本作ではその代わりに独自の導入を用意しているという。

「オープニング・クロールはないよ。でも映画の冒頭にはプロローグがある。映画の本編から15年前が舞台で、その場面が物語を動かすんだ。『ローグ・ワン』はエピソード4のテキストから生まれている。もし僕らがテキストを用意したら終わりがなくなってしまうだろ。サーガの他の作品とは、きちんと区別しなきゃいけなかったんだ」

無粋を承知で予想するなら、すでに予告編に登場している幼少期のジン・アーソと両親が、この15年前の出来事に深く関わっている可能性は高いだろう。もっとも映画の冒頭で何が起き、それが本編といかに繋がるのかはわからないが……。

no-crawl
ルーカス・フィルム社長のキャスリーン・ケネディ氏が、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にオープニング・クロールが存在しないことを示唆した。「スター・ウォーズ」におい

またギャレス監督は、『ローグ・ワン』に仕込まれた小ネタを教えてくれている。もっとも、それは「スター・ウォーズ」シリーズとのリンクではなく、ギャレス監督の過去作品とのリンクだった。

ソウ(・ゲレラ)の洞窟には小ネタが隠されてる。洞窟には壁画が描かれてるんだけど、そのひとつが、僕の初めて撮った映画『モンスターズ/地球外生命体』に出てくる怪獣なんだ。『ゴジラ GODZILLA』のムートーもいる。ぜんぜん頼んでないのに、スタッフが冗談で作ったのさ。ある日、中に入って気づいたんだよ。“何これ?”って」

http://godzilla.wikia.com/wiki/File:10403142_803693002994439_2638946503824825995_n.jpg

ムートー(『ゴジラ GODZILLA』より)
http://godzilla.wikia.com/wiki/File:10403142_803693002994439_2638946503824825995_n.jpg


『ローグ・ワン』過酷な撮影とその成果

『ローグ・ワン』の撮影中、ギャレス監督は午前5時に自宅を出発し、深夜まで帰れない日々が5ヶ月も続いたという。なかでも最も過酷だった撮影は、イードゥ(Eadu)と呼ばれる惑星のシーンだという。

大量の雨を降らせたんだ。もう忘れたいほどヤバかった。雨はカメラにとても美しく映ったけど、スタッフも俳優も一日中びしょ濡れで、本当に疲れたよ。100%ドライの超高価なスーツを全員に買ったのに、すぐに首元がちょっと破れたんだ。雨を10時間降らせたから、(穴から入った雨が)下におりてくるんだよ。最終的に全身びしょ濡れで、湖で泳いだみたいだった」

https://www.youtube.com/watch?v=P1kGd7stocY

https://www.youtube.com/watch?v=P1kGd7stocY

そんな過酷な状況でも、ギャレス監督はしばしば自らカメラを握って撮影に臨んだ。彼は「俳優たちやその場の状況に柔軟に対応したかった」と語っている。360度作り込まれたセットを要求したり、『ベン・ハー』の撮影で使われたものと同じレンズを使ったりするなど、監督は撮影方法に強いこだわりがあったのだ。しかし『ローグ・ワン』では、ギャレス監督も従来の作品とは違う方法を採用したという。

「これまで僕は、(カメラをセットに)埋め込んだり、手持ちカメラを使ったり、ザラついた画にしたり、昔ながらのスタイルとは違う撮り方をする場合には、そんな方法をきっと全編に貫いたと思う。でも『ローグ・ワン』では撮影のスタイルを混ぜて調和させたんだ。塹壕に横たわったような画から、いきなり壮大で美しいショットになる。そのコントラストはすごくうまくいったよ」

rogue one making

幼い頃から「スター・ウォーズ」の大ファンだったギャレス監督は、『ローグ・ワン』の製作や、敬愛するジョン・ノール(VFXスーパーバイザー)との仕事は「聖地にいるみたい」だったと話している。しかしそんな彼にも一つだけ残念なことがあった。それは『ローグ・ワン』が「ファンとして観られない初めてのスター・ウォーズ」になったことである。

「映画づくりの呪いだよ。自分の映画を観客と同じように観ることはできない。ジョージ(・ルーカス)もクラシック3部作では特別篇を作っただろ。どうしてだと思う?きっと監督として“ダメだ、ダメだ、ダメだ”って思ったんだよ。うまくできなかった些細な部分が、監督はいつでも気になるのさ。少なくとも僕はそうだよ。いつも小さなことが気になり続けてる」

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日公開予定

wrapparty-compressed
劇場公開まで約2週間と迫った11月30日、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がついに完成したようだ。思えば製作決定のニュースから、現場が大パニックに陥ったともいわれ

sources: http://www.cinemablend.com/news/1592430/what-rogue-one-will-do-instead-of-an-opening-crawl-according-to-gareth-edwards
http://comicbook.com/2016/11/30/rogue-one-director-gareth-edwards-reveals-first-easter-eggs-in-n/  https://www.youtube.com/watch?v=P1kGd7stocY
Eyecatch Image: http://collider.com/rogue-one-gareth-edwards-interview-darth-vader/ (remixed by ORIVERcinema)

About the author

1989年生まれ。映画・演劇に関するニュースやコラムなどの執筆、また舞台脚本(台本)の構成・編集を手がけています。オリジナル記事、翻訳ベース記事ともに担当しております。お気づきの点などございましたら、ぜひお知らせくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION