【予想】『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』のエンディングに『エピソード4 / 新たなる希望』は流れるか?

先日、ローグ・ワンはオープニング・クロールの無いスターウォーズという記事が掲載された。

no-crawl
ルーカス・フィルム社長のキャスリーン・ケネディ氏が、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にオープニング・クロールが存在しないことを示唆した。「スター・ウォーズ」におい

スターウォーズシリーズのオープニングと言えば、やはり宇宙に消えていくSTAR WARSの文字、サブタイトル、そのエピソード直前の物語の説明である。

スターウォーズがディズニーに渡る前までは、20世紀フォックスのファンファーレから始まるのが当たり前で、ファンはあのファンファーレからアドレナリンを吹き出し、メインタイトルが流れ出したあの一瞬で倒れそうな気分でオープニングを迎えていた。

ローグ・ワンのオープニングでも、大画面に映し出される事を待ち焦がれているのにお目に掛かれないのは残念だ。

希望を失ってはいけない

ローグ・ワンは、エピソード4の10分前まで描かれると発表されている。

ローグワンはエピソード4の10分前で終わる
ギャレス・エドワーズ監督で制作されているスターウォーズ初のスピンオフ作『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』だが、ここにきて大規模な再撮影の予定が報じられ、ファンの間では不

ローグ・ワンに出てきて、エピソード4へと続く登場人物と言えば、ダース・ヴェイダーとターキン提督、その他の帝国の幹部連中だ。他にもいるかもしれない。

ローグ・ワンのメンバーが身を犠牲にするのは分かっている。デス・スターの設計図を盗み出す作戦で、反乱軍に大勢の犠牲が出た。帝国軍にも大勢の犠牲が出た事は、言うまでもない。

エピソード4のオープニングで、帝国軍が反乱軍の宇宙船ブロケッド・ランナーを捕まえ、ダース・ヴェイダーが搭乗し「設計図はどこに隠した」と発する。

スターウォーズ・ファンとして、オープニング・クロールを見たいのは当然

希望は失われない!そう言い切りたい気分でいっぱいだ!
大きな犠牲を払いながら手に入れたデス・スターの設計図。弱点を見つけるため、新たなる希望に託す。

そろそろエンディングかな?と思ったその瞬間、スクリーンは真っ暗に。そして…

♪ジャーーーーン!

メインテーマと共に

STAR WARS

EPISODE IV

A NEW HOPE

スターウォーズ:エピソード4「新たなる希望」のオープニング・クロールがスクリーンに!その流れで、ローグ・ワンのエンディングテーマがフェードイン。

何度も言おう!
希望は失わない、失いたくないと願う筆者である。
こんなエンディングだったとしたら、多分叫んでしまうか、倒れてしまうだろう(笑)

ローグ・ワン公開までいろんな情報が飛び交いますが、人の想像は無限です!
いろんな想像を楽しみながら、ローグ・ワンを待ちましょう!

About the author

初めて映画館で見た映画が、一作目のスターウォーズ。

ライトセイバーに心を奪われ、スターウォーズ神話を人生の教本としている。

いつかはフォースが使える日が来る事を信じている・・・w

 

映画を見ている時は、現実から離れられる。

映画を見て人生が変わった人もいる。

自分も生き方や物事の感じ方が変わったかも知れない。

映画・・・それは、人生に影響を及ぼす。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。