ラダス提督登場!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』3.75-inchアクション・フィギュア最新情報!

もはや秒読み段階になった、と言っても過言ではない『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)、その3.75インチ版のアクション・フィギュアの新たなる続報が入ってきたので、こっそりとお伝えしよう。

「New York Comic-Con 2016」においてハズブロ社が発表したのは、9種類であるが、この中には別エピソードとしてのダース・ベイダーも入っているし、2体セットのおまけのようなストームトルーパーも入っているので、まあ新たにご紹介するべきものは、7体ということになるだろう。

Rogue One

http://news.toyark.com/

ちなみに、ぼく個人の傾向として基本的には3.75インチ版のフィギュアにしか興味がない。それはやはりそのサイズが玩具として、そしてコレクション・アイテムとして、いちばんしっくり来ると勝手に思っているからであり、かつてぼく自身がコレクションしていた経験則で言えば、3.75インチ版さえ集めていれば、ほぼすべてのキャタクターを網羅できるという、コンプリ病によるものである。

さて、では順を追ってご紹介しよう。

アドミラル・ラダス

アドミラル・ラダス(Admiral Raddus)、彼は共和国再建のための同盟に仕えたモン・カラマリ出身の提督である。ギアル・アクバー提督(Gial Ackbar)と一緒だね。モン・カラマリ種族は、熱帯地出身か寒冷地出身かで肌の色が異なり、ラダスは後者である。肌の色からするとアクバー提督は熱帯地の出身だと思われる。余談だが、このモン・カラマリという言い方は他の惑星の人々目線での呼称であり、原住種族たちは故郷のことをダクと呼んでいる。

Admiral Raddus

http://news.toyark.com/


ボーディー・ルック

ボーディー・ルック(Bodhi Rook)、共和国再建のための同盟に仕えた兵士であり、銀河大戦中のデス・スターの設計図をめぐる戦いに参加しているひとり。映画ではリズ・アーメッドがこのキャラクターを演じている。

 

Bodhi Rook

http://news.toyark.com/


チアルート・イムウェ

チアルート・イムウェ(Chirrut Îmwe)、棒術を使う宗教的戦士で、やはり銀河大戦中のデス・スターの設計図をめぐる戦いに参加しているひとり。 映画ではこの役をドニー・イェンが演じている。カンフー映画を観て育ったぼくが個人的にはいちばん注目しているキャラクター。しかし、フィギュアにはまたしても巨大兵器が付属している。こんなものいらないだろ・・・。

 

Chirrut Îmwe

http://news.toyark.com/


デス・トルーパー

デス・トルーパー(Death Trooper)、銀河帝国の軍情報部に所属しているエリートなストームトルーパー部隊。真っ黒の特殊ストームトルーパー・アーマーがカッコよすぎる。 デス・スターの設計図絡みの戦いでは、デス・トルーパーはオーソン・クレニック長官の個人的ボディガード兼兵士として活躍しているらしい。前回ご紹介したフィギュアの中にも2体セットとしてデス・トルーパーが入っていたが、今回は単体でのリリース、やや色などが違うような気もする。

Death Trooper

http://news.toyark.com/


ジン・アーソ

ジン・アーソ- TIEファイター・バージョン(Jyn Erso – TIE Fighter Disguise)、銀河大戦に参加した反乱同盟軍の兵士で、言わずと知れた今回の映画の主人公。ヤヴィンの戦いの直前、モン・モスマ議長からデス・スターに関する情報収集任務を与えられ、デス・スター設計図の強奪任務に参加している。 映画ではフェリシティ・ジョーンズがこのキャラクターを演じている。やはり無駄に大きい重火器付き。こんなもの付けるのであれば、劇中に登場する小さめのドロイドとか付属させたらいいのに・・・。

Jyn Erso – TIE Fighter Disguise

http://news.toyark.com/


スカリフ・ストームトルーパー

スカリフ・ストームトルーパー(Scarif Stortmtrooper)、熱帯惑星スカリフの環境に特化したアーマーを装備しているストームトルーパー。ヤヴィンの戦い以前、銀河帝国はこの惑星スカリフでデス・スターを建造している。以前ご紹介した2体セットにも含まれてたが、今回は単体でのリリース。最初から単体だけでいいような気がする・・・。無駄に数を買わせる販売戦略。

Scarif Stortmtrooper

http://news.toyark.com/


ベイズ・マルバスとストームトルーパー

ベイズ・マルバスとストームトルーパー – 2体セット(Baze Malbus and Stortmtrooper 2-Pack 、ベイズ・マルバスは、帝国時代を生きたフリーランスの暗殺者である。銀河大戦中、反乱同盟軍のジン・アーソなどと共にデス・スターの設計図を巡る戦いに参加しているひとり。ストームトルーパーは何体持っていても何かと役立つからまあいいとして、すでに重火器を装備しているにも関わらず、さらなる巨大重火器。こんなもの劇中に出てくるの・・・?

Baze Malbus and Stortmtrooper 2-Pack

http://news.toyark.com/

とまあこんな感じが、新たに公開された3.75インチ版のフィギュアである。前述している別エピソード版としてのダース・ベイダーも公開されているのだが、無駄に重火器が付属しているだけの、ただのダース・ベイダーなので、ここではあえて紹介はしない。

というわけで、今後どれだけの種類のフィギュアがリリースされるのか大いに気なるところであるが、ぼく自身は迂闊に手を出すと蒐集癖が再発するので、ぐっと堪えるつもりである。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(Star Wars: The Force Awakens)時にあれだけ血の滲むような思いをして我慢したのに、ここで負けては意味がなくなるから・・・、でも、欲しいなあ。

ではまた次回、『ローグ・ワン』の3.75インチ版アクション・フィギュア情報で、お会いしましょう。

Rogue One 3.75 Toys
誰もが知る、サルでも知っている、SF映画『スター・ウォーズ』(Star wars)。そのシリーズ主要9部作を補完する実写版スピンオフ作品シリーズの第1弾として話題を呼んでいるのが、

About the author

週に1回くらいのペースで、ついつい『八月の鯨』を観てしまう今日この頃。Busy, busy, busy, always busy.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。