『ローグ・ワン』カットされたスカリフ戦の新事実が判明!ジンはなぜビーチを走らなかったのか&K-2SOの大きな変更とは

映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のBlu-ray/DVDが2017年4月28日に発売された。ORIVERでは、本作の劇場公開時にあらゆる話題をご紹介し、ときには製作の裏側まで踏み込んだ記事をお届けしてきたが、いよいよそれも終盤に差し掛かる頃合いだろうか。

Blu-ray/DVDのリリースに先がけて、海外メディアではギャレス・エドワーズ監督や出演者が『ローグ・ワン』の裏話を明かしていた。劇場公開が終わりソフトが発売され、そろそろ時効なのか、とうとう監督の口から再撮影&再編集の詳細がはっきりと語られている。

【注意】

この記事には、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレが含まれています。

—–

—-

カットされたスカリフ戦、その真相

『ローグ・ワン』の劇場公開以前、そして公開中にファンの間で大きな話題となったのが、本編の膨大な再撮影が行われたことだった。予告編に使用された印象的な映像があれこれ本編に存在しないという現象が起きていたほか、編集スタッフも製作終盤で大きな再構築があったことを認めている

なかでも特に取り沙汰されたのは、映画のクライマックスにあたるスカリフ戦だった。初期の予告編に含まれていた、デス・スターの設計図が入ったディスクを片手に走るジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)やキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)たちの姿は一体なんだったのか……。

映画情報サイト「/Film」の取材に応じたギャレス監督は、この“カットされたスカリフ戦”について、その真相をついに語っている。

「(製作の)終盤に大きく変えたことはね、みんな初期の予告編でなんとなく分かってることだけど、元々スカリフの通信タワーはメイン基地から離れてたんだよ。(デス・スターの)設計図を送るために、ジンたちは(基地を)脱出して、ビーチを駆け抜けて、タワーを上らなきゃいけなかったんだ。でも作品の編集中に“長すぎるな”って思ったのさ。そこで、とても長かった第三幕を圧縮するための方法を探すことになったんだよ。現実的で迅速、かつ正確な解決策は、通信タワーを基地に入れてしまうことだった。だからジンたちはビーチを走ったりしなくても良くなったのさ」

ギャレス監督は「すべては圧縮するためだ」と言い切り、その心境をこうも述べている。

「どんなに映画が好きでも、映画を観てると、時計を見たくなることや“オーケー、もう終わってくれよ”って思うことがある。観客にはそういう思いをしてほしくないんだ」

no-image
映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、劇場公開から約3週間が経ち、すでに多くの観客から高い評価を獲得している。しかし本作で同時に語られがちなのが、“本編の半分以上が

K-2SO、製作終盤に結末を変更されていた

またスカリフ戦では、あるキャラクターの“最期”が大きく変更されていたことも判明している。以前ORIVERでは、デス・スターの攻撃から生存したオーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)がダース・ベイダーに殺されるという構想があったことをご紹介したが、そのクレニックにK-2SOは殺されるはずだったのだ。

スター・ウォーズ・ストーリー / ローグ・ワン ハズブロ ブラックシリーズ 6インチ アクションフィギュア K-2SO / STAR WARS ROGUE ONE 2016 BLACK SERIES UNMASKED 【並行輸入品】 最新 映画 ドロイド

K-2SOを演じたアラン・テュディックによると、K-2SOはもともとブラスターを持つことができない設定だったらしい。K-2SOがブラスターを手にするまでには、なにやら紆余曲折があったようだ……。

「銃を持ちたいって僕が頼んだんだよ! 元々は銃を持ってなくて、当初の死に方は……完成した映画とは別の死に方なんだけど、僕はクレニックに撃たれて死んでたんだ」

またアランは、ギャレス監督の述べた“メイン基地から通信タワーへの移動”にK-2SOが参加していたことを明らかにしている。たしかに公開以前のプロモーション映像には、K-2SOが設計図を持ったジンとともにビーチを駆けている(と思しき)映像が含まれていた……。ところが当時のシナリオでは、K-2SOは通信タワーにたどり着くことができなかったようだ。予告編にビーチに立つクレニックの姿も映っていたように、K-2SOはビーチのどこかでクレニックの銃撃に倒れるはずだったのである。

アランによると、一連のシーンは実際に撮影されながらも、編集段階でカットされたらしい。つまりK-2SOがストーム・トルーパーを相手に見せた勇敢な最期は、すべて再撮影によって生まれたものだったということだ。元々撮影されていたK-2SOの最期は、一体どんな印象を与えるものだったのか……。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のBlu-ray/DVDは現在発売中。なおORIVERでは、実現しなかった『ローグ・ワン』複数の別設定&別エンディングもご紹介する予定なので、そちらもご期待いただきたい。

Sources: http://www.slashfilm.com/gareth-edwards-original-rogue-one-ending/
http://collider.com/rogue-one-alan-tudyk-k2s0-interview/
http://www.slashfilm.com/k-2sos-original-rogue-one-ending/
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

1989年生まれ。ORIVERcinema編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。