恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや

恐い、恐すぎるよ…。

香港在住の42歳の男性が製作したヒューマノイドが注目を集めている。
プロダクト/グラフィックデザイナーのリッキー・マが$50,000(約558万円)の費用と1年の期間をかけて作り上げた渾身のドロイドは、なんとアベンジャーズのブラックウィドー役で知られる女優スカーレット・ヨハンソンがモデルだ。
一見セクシーな見た目ながら”Mark 1″ という何とも味気ないプロダクトネームを与えられた彼女は、観たものの悪夢に登場しそうな強烈なインパクトを放っている。

この不気味なスカヨハはマイクを通じて会話したり、表情を動かすことができる。製作したリッキーは至って真剣、製作は「簡単ではなかった」と語る。
香港では趣味としてヒューマノイド製作する人が少なく、自分の情熱は周囲に全く分かってもらえなかったそうだ。海外メディアMirrorの記事が伝えている。

「子供の頃、ロボットが好きでした。何故って、アニメを観るのが好きだったからです。子供ならみんな大好きですよね。トランフォーマーとか、ロボット同士が闘う漫画とか、ロボットが登場するゲームとか。」

小さいころからロボットに惚れ込んでいたリッキーは、大人になるにつれて「自分で作ってみたい」と思うようになったという。

「でも、周りからは”お前は馬鹿か?”って言われました。お金もメチャクチャかかるし。
それに、どうやって製作するか知ってます?ものすごい大変なんですよ。」

Mark 1はメカニックの「臓器」をシリコンの皮膚で覆っており、ボディのおよそ70%は3Dプリンタで作られたそうだ。リッキーはこれをほとんどド素人の状態から作り上げたというから、相当な情熱だった事がわかる。

「いざ作り始めてみると、動力学、電気機構にプログラミングの知識が必要だと気付きました。プログラミングの勉強なんて今までやったことなかったから、コードの書き方もわかりませんでした。」

Scarlett Johansson-robot1

誰にも理解されないままも作り上げたプロトタイプ、Mark1はホワイトのクロップドシャツとグレーのスカートを着用していて、創造主リッキーの呼びかけに答える。
“Mark 1, you are so beautiful”と声をかけると、”Hehe, thank you.”と応答。口元がカクカクと動き、あまり人間らしくないウインクもする。腕と脚も自分で動かす事ができる。

Scarlett Johansson-robot4
…う、うーん、やっぱりコワイ。特に顎をカクカク上下させて喋る様は、”不気味の谷”の奥底にいる感じだ。

不気味の谷とは・・・
ヒューマノイドの姿やしぐさをどんどん人間に似せていく場合、ある程度までは親近感が増すが、人間にかなり近づいたところで急に不気味さや嫌悪感が出てくる。

コトバンク

Scarlett Johansson-robot2

リッキーはMark 1製作の苦労話を語る。

「ロボットの内側のパーツに、3Dモデルを組み立てなければいけなかったし、それにフィットする外側の皮膚も作る必要がありました。全てやろうと思ったら、本当に大変でしたよ。」

この初号機をなんとか完成させた彼は、満足感に包まれている。

「正しいタイミングで、とにかくやるべきだと、そしてこれが僕の夢なんだと気付いたんです。人生に後悔はありませんね。」

Scarlett Johansson-robot3

ロボット産業の成長を見込んでいるリッキーは、投資家がこのプロトタイプを買い、出資してくれる事や、同じ夢を持った同志のためにこの経験を本にする事を望んでいるという。

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/man-builds-scarlet-johansson-robot-7667715

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/man-builds-scarlet-johansson-robot-7667715

動きは不気味だが、スカーレット・ヨハンソンを模した顔は凄くリアルにできているし、これを一人の男が独学で作り上げたというのは尊敬できる話だ。自分の夢に本気で打ち込み、形あるものを作り上げたリッキーに羨ましささえ感じる。
今後、彼の情熱が評価され、彼がより良い環境でヒューマノイドを製作できるようになったら嬉しい。

no-image
画像出典:http://funmozar.com/black-widow-wallpaper/ブラック・ウィドウの本名・別名ナタリア・アリアノヴナナターシャ・ロマノフスーパーヒーロ

Source:http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/man-builds-scarlet-johansson-robot-7667715

 

About the author

やすらぎ捨てて、全てを捨てて、悪を追って空駆ける編集長。ORIVERcinema発起人。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年4月3日 at 2:20 PM

    恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや https://t.co/TRW4jSjMzD

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年4月3日 at 10:15 PM

    香港人が作った、スカーレット・ヨハンソンをリアルに再現したロボット しゃべるとアゴがカクカクしてめっちゃ怖い https://t.co/TRW4jSjMzD

    Reply
  • @r3d2solid 2016年4月3日 at 11:10 PM

    恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや – ORIVER cinema (ブログ): ORIVER cinema (ブログ)… https://t.co/WZOkxqZY8B #news

    Reply
  • @joyandjoyand 2016年4月3日 at 11:56 PM

    HER実体化?骨まで作ったのね。独学すごい。/恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや https://t.co/Q8iEhQPnh7

    Reply
  • @KawashiroNitori 2016年4月4日 at 6:40 PM

    私もこんなロボットを作りたいな。 【恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや – ORIVER cinema (ブログ)】 配信元:https: https://t.co/fei0rDrJCn

    Reply
  • @hiro101010 2016年4月5日 at 10:56 PM

    恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや https://t.co/bpgzaOC7IV

    Reply
  • @zzr1100c2richy 2016年4月6日 at 6:50 AM

    ヒトと同じにするなら、骨格含めヒトに似せて作る。基本だね。) 恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや https://t.co/djwve5q6Qm

    Reply
  • @keiichiroshibuy 2016年4月6日 at 7:10 PM

    こんなカクカクした単純な動きで不気味の谷とか言ってるのは安易だと思うけど。  恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや https://t.co/vx6IydlglE

    Reply
  • @kunosika 2016年4月6日 at 11:46 PM

    ぼくのすきなスカーレット・ヨハンソンが、えらいこっちゃ(^^;;

    恐すぎ!スカーレット・ヨハンソンがモデルのロボットが『不気味の谷』すぎるけど製作者が幸せそうだからまぁいいや https://t.co/ZBt9yhTJwP

    Reply