『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』“2代目”R2-D2役の俳優が判明!

スター・ウォーズ』シリーズ最新作、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でR2-D2を演じる俳優が判明した。『エピソード4/新たなる希望』(1977年)から『エピソード3/シスの復讐』(2005年)までR2-D2を演じ、『フォースの覚醒』(2015年)には「R2コンサルタント」として参加したケニー・ベイカーが2016年8月に逝去したことを受けて、その跡を継ぐ、いわば“2代目”R2-D2の誕生である。

swtljpkg020617 2
これから先、このイメージ写真を何度も見ることになるのだろう。ディズニーとルーカスフィルムはこの度、2017年9月に展開予定の『フォース・フライデーⅡ』に先立って、エピソード8『最後

『最後のジェダイ』でR2-D2役を演じることが判明したのは、小人症の俳優ジミー・ヴィー。『ハリー・ポッターと賢者の石』や『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』などに出演したキャリアの持ち主で、身長がケニー・ベイカーと同じ1.12メートルだという。

『スター・ウォーズ』シリーズのアイコンともいうべきドロイドを演じるにあたり、ジミーはこうコメントしている。

「偉大なるケニー・ベイカーのそばで仕事ができて、本当に幸せでした。ケニーは素晴らしい俳優で、R2-D2に息を吹き込む“ワザ”を私にすべて教えてくれたのです。私は彼の偉業を演じつづけていきます。『スター・ウォーズ』ユニバースの一部になれてすごくワクワクしていますし、私たちが昨年(2016年)懸命に務めたものを、皆さんに観ていただけることを楽しみにしています」

http://tardis.wikia.com/wiki/File:Jimmy_Vee.jpg © BBC Worldwide, Ltd.

http://tardis.wikia.com/wiki/File:Jimmy_Vee.jpg © BBC Worldwide, Ltd.

ジミーのコメントからは、生前のケニー・ベイカーが、自らの跡継ぎとなる人物を探していたことがうかがえる。没する数年前から闘病生活を送っていたケニーは、『スター・ウォーズ』新3部作をすべて自分で務めることはできないと考えていたのだろうか? いずれにせよ、ジミーはケニーの死後に急遽キャスティングされたわけではないのだろう。『フォースの覚醒』の撮影現場にジミーも参加していたのか、それとも『最後のジェダイ』の撮影現場にケニーが現れたことがあったのか……。

『スター・ウォーズ』シリーズを支えてきた人物から“ワザ”を教わったという“2代目”が、どんなR2-D2を見せてくれるのか、今から楽しみにしておこう。

no-image
偉大な『共通の知人』を失ってしまった。映画『スターウォーズ』シリーズすべてに出演を果たしているR2-D2役のケニー・ベイカー氏が亡くなった。81歳だった。身長約112センチのケニー

source: http://ohsosmall.com/jimmyveeisr2d2.html
Eyecatch Image: http://www.sbs.com.au/movies/article/2016/03/05/r2-d2-creator-tony-dyson-dies-68
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

1989年生まれ。ORIVERcinema編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

Twitterでoriver.cinemaをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。